身も心もぽっかぽか♪土鍋おでん

ココロとカラダに、笑顔をプラス。

料理研究家 宮成なみ先生が綴る“かんたん”料理帖 「あしたのレシピ」。
「誰でも、いつでも、簡単に。」をコンセプトに、旬の食材や季節ごとのメンテナンスに嬉しいレシピをご紹介します。

今月のレシピテーマは「温活」です。
調理時間の目安:30分(煮込み時間除く)

材料/2人分

4個
大根1/2本
こんにゃく1枚
豚肩ロース1パック(300g程度)
がんもどき、厚揚げ、つみれ、焼売、丸天、ごぼう天、はんぺんなどのお好きな練り物
醤油・本みりん、日本酒各大さじ3
小さじ2
1.6リットル(8カップ)
出汁パック2つ

作りかた

  1. 大根は皮を剥き輪切りにする。こんにゃくはアク抜き不要のものを水洗いし、3等分にして斜め三角に切る。卵は茹でてからを剥く。豚肩ロース肉は4等分に切る。
  2. 土鍋に水、出汁パック、大根を入れて火にかける。沸騰後、弱火にし10分ほどで出しパックを取り出し、豚肩ロース肉を入れる。大根に火が通り透明感が出てきたらみりん、醤油、塩、こんにゃくを入れていて30〜1時間分ほど弱火で煮る。
  3. 大根に味がしみ、スッと箸で切れるくらい柔らかくなったら卵を入れて火をとめる。
  4. 食べる直前にはんぺんなどの練り物系を入れて火にかけ沸騰したらできあがり。お好みで辛子をつけて食べてください。

ポイント

2の大根の透明感が出て煮えてる目安は竹串を刺してすっと入る程度です。
作り方3と4の間の火を止めてる間に保温性の高い土鍋が徐々に冷めていくときに味が染みます。

宮成先生のお料理コラム

心も体も温まる土鍋料理

寒さが最も厳しくなる2月。体も心も温まるのおでんはいかがでしょうか。
我が家では好きな具材を入れて、土鍋でおでんを作ります。

2日目のおでんは味が染み込んでいて美味しいので、2人分の量を作っても1人で食べたり友達と食べたりと、意外と食べ切れてしまう量です。

〆には茹でたそうめんに、おでんのつゆをかけた出汁煮麺がオススメです。

この記事を書いた人

料理研究家 宮成なみ 先生

楽しい食卓株式会社 代表
16歳で現代の医学で治すことのできない難病を発症し、社会復帰断念を宣告される。
唯一、進行を遅らせる方法が『食餌療法』だという医師の言葉に食の可能性にかけ、7年半の闘病生活の末、見事社会復帰を果たす。
金なし、コネなし、資格なしの中、「食べものは明日の未来を創るもの。すべてはおいしいの笑顔のために」をモットーに27歳で料理研究家となる。
現在は、食品開発アドバイザーや、食育講演会、メディア出演など行っている。

▼宮成なみ先生のブログ
https://note.com/miyanarinami