ランチに最適♪ 帆立とレタスの海鮮カレーうどん

ココロとカラダに、笑顔をプラス。

料理研究家 宮成なみ先生が綴る“かんたん”料理帖 「あしたのレシピ」。
「誰でも、いつでも、簡単に。」をコンセプトに、旬の食材や季節ごとのメンテナンスに嬉しいレシピをご紹介します。

今月のレシピテーマは「野菜不足解消」です。
調理時間の目安:15分

材料/1人分

ベビー帆立10個
レタス1/4玉
乾麺うどんまたは冷凍うどん1/2玉
カレールー1/2個
カレー粉・ナンプラー小さじ1/2
400cc
出汁パック1個
ネギ、レモン(お好みで)

※ 2人分の時は倍にしてください。
※ 出汁パックが無ければ、帆立から出汁が出るのでなくても大丈夫です。

作りかた

  1. 乾麺はタッパにいれて水に10分ほど浸ける。柔らかくなり茹で上がりがもっちり生麺のような食感になります。
  2. 鍋に水と出汁パックを入れて火にかける。沸騰したら出汁パックを取り除き、戻した麺を入れる。2分茹でたら火を止めベビー帆立、カレー粉、カレールー、ナンプラーを入れてカレールーを溶かす。
  3. 再度火にかける沸騰したら火を止めて器に盛り、ネギ、レモンを飾ってできあがり。

ポイント

乾麺うどんは水に10〜15分浸して戻してから使うと、もっちりした生麺のような茹で上がりになります。この技は鍋の締めのうどんにも使えます。

冷凍うどんを使うときは2から作ってください。あっという間につくれます。

小ぶりのベビー帆立は北海道産のものが安く買えます。見た目は小さいですが、入れるだけで美味しい出汁が出るのでぜひ見つけたら買ってみてください。

宮成先生のお料理コラム

手軽に野菜不足を解消♪

レタスがたっぷり食べられるカレーうどんです。どうしても1人のお昼ご飯って簡単に済ませて野菜不足になりがちなので、野菜の量を多くして、麺の量が少なめの食べるスープのようにして食べています。

レタスが安くて美味しくなる時期、サラダばかりでは飽きてしまいますが、鍋やチャーハン、カレーうどんの具にするとレタスは加熱してもシャキシャキしていて美味しいです。

出汁パックは塩分を添加してないものを使っています。(あご、かつお、いりこ、昆布、干し椎茸のみのもの)
ご馳走続きの気分転換にスパイシーで旨味の効いたカレーうどん、ぜひ作ってみてください。

この記事を書いた人

料理研究家 宮成なみ 先生

楽しい食卓株式会社 代表
16歳で現代の医学で治すことのできない難病を発症し、社会復帰断念を宣告される。
唯一、進行を遅らせる方法が『食餌療法』だという医師の言葉に食の可能性にかけ、7年半の闘病生活の末、見事社会復帰を果たす。
金なし、コネなし、資格なしの中、「食べものは明日の未来を創るもの。すべてはおいしいの笑顔のために」をモットーに27歳で料理研究家となる。
現在は、食品開発アドバイザーや、食育講演会、メディア出演など行っている。

▼宮成なみ先生のブログ
https://note.com/miyanarinami