博多の味をご家庭で!初夏のごま鯵丼

初夏のごま鯵丼

ココロとカラダに、笑顔をプラス。

料理研究家 宮成なみ先生が綴る“かんたん”料理帖 「あしたのレシピ」。
「誰でも、いつでも、簡単に。」をコンセプトに、旬の食材や季節ごとのメンテナンスに嬉しいレシピをご紹介します。

今回のテーマは「めぐりケア」です。
調理時間の目安:15分

材料/2人分

鯵のお刺身1パック
ご飯2膳
ねぎ少々
わさびお好みで
◎万能ごまだれ
ねりごま1袋(100g)
醤油、本みりん各100cc
※ねりごま、醤油、本みりんが1:1:1となれば、作りやすい分量でOK
※まとめて作っておくと、ほうれん草の胡麻和えや湯豆腐のタレなどにも使えます!

作りかた

  1. 耐熱容器に本みりんを入れて、レンジ600Wで1〜1分半加熱する。沸騰したら取り出し、みりんにねりごまを加えてよく混ぜる。混ざったら醤油を入れてさらに混ぜる。全体が馴染んだら「万能ごまだれ」のできあがり。
  2. 鯵の刺身1パック分とごまだれ大さじ1〜2を混ぜ合わせる。
  3. どんぶりにご飯をよそい、1を乗せてわさびとねぎを添えたらできあがり。

ポイント

万能ごまだれは、レンジだけで簡単につくることができます♪

宮成先生のお料理コラム

鯵のおはなし

鯵

博多では鯖のお刺身にごまだれを和えて食べる「胡麻サバ」という郷土料理がありますが、鯖だけでなくカンパチやブリ、鯵など、脂の乗った魚だったら何でもごまだれに和えて食べます。

屋内で過ごすことが増え、健康管理に気をつけたいところ。血管と血液は体に栄養と酸素を運ぶ大切な臓器です。原材料が供給されないと代謝も滞りがちに。
旬の鯵を手軽に摂れるレシピで、めぐりケアしましょう。

この記事を書いた人

料理研究家 宮成なみ 先生

楽しい食卓株式会社 代表
16歳で現代の医学で治すことのできない難病を発症し、社会復帰断念を宣告される。
唯一、進行を遅らせる方法が『食餌療法』だという医師の言葉に食の可能性にかけ、7年半の闘病生活の末、見事社会復帰を果たす。
金なし、コネなし、資格なしの中、「食べものは明日の未来を創るもの。すべてはおいしいの笑顔のために」をモットーに27歳で料理研究家となる。
現在は、食品開発アドバイザーや、食育講演会、メディア出演など行っている。