五感で味わう減塩レシピ♪長崎名物 レモンステーキ

ココロとカラダに、笑顔をプラス。

料理研究家 宮成なみ先生が綴る“かんたん”料理帖 「あしたのレシピ」。
「誰でも、いつでも、簡単に。」をコンセプトに、旬の食材や季節ごとのメンテナンスに嬉しいレシピをご紹介します。

今月のレシピテーマは「減塩」です。
調理時間の目安:15分

材料(1人分)

牛肉100g
レモン1切れ
おろしニンニク少々
玉ねぎ少々
醤油小さじ2
みりん小さじ2
レモン汁小さじ2
塩、黒胡椒少々

作りかた

  1. 醤油、みりん、レモン汁、おろしニンニクを混ぜてタレを作る。玉ねぎは薄切り、レモンは輪切りにする。
    ※めんつゆ・レモン汁・おろしニンニクを合わせたタレもオススメです。
  2. 熱々に温めた鉄板にバターを入れ牛肉を敷き詰める。牛肉の淵に火が通り白くなってきたらタレを回しかける。
  3. 牛肉に火が通る直前で玉ねぎレモンを飾り、お好みで塩と黒胡椒をかける。熱々の鉄板で好みの加減に火を通したら完成。
    ※牛肉を食べた後のタレにご飯を入れてレモンバターライスにするのが長崎流です♪

ポイント

バラ肉や焼肉用の牛肉でも◎

宮成先生のお料理コラム

レモンステーキのおはなし

今回は、私が長崎で虜になったレモンステーキを、ご家庭でも簡単に。長崎で貿易が始まった頃、当時の日本人がステーキという異国の料理を食べたところ、牛肉のボリュームが口に合わず、美味しく食べられないものかと考案されたのが、分厚い牛肉の代わりに薄いすき焼き肉を使ったステーキでした。

減塩のポイントは「香りを活かす」や「酸味を活かす」と言われます。
レモンの酸味とニンニクの香り、バターの旨味で、さっぱりヘルシーにいただけますよ。

この記事を書いた人

料理研究家 宮成なみ 先生

楽しい食卓株式会社 代表
16歳で現代の医学で治すことのできない難病を発症し、社会復帰断念を宣告される。
唯一、進行を遅らせる方法が『食餌療法』だという医師の言葉に食の可能性にかけ、7年半の闘病生活の末、見事社会復帰を果たす。
金なし、コネなし、資格なしの中、「食べものは明日の未来を創るもの。すべてはおいしいの笑顔のために」をモットーに27歳で料理研究家となる。
現在は、食品開発アドバイザーや、食育講演会、メディア出演など行っている。