むくみをとって年越し♪鶏レモンそば

ココロとカラダに、笑顔をプラス。

料理研究家 宮成なみ先生が綴る“かんたん”料理帖 「あしたのレシピ」。
「誰でも、いつでも、簡単に。」をコンセプトに、旬の食材や季節ごとのメンテナンスに嬉しいレシピをご紹介します。

今月のレシピテーマは「むくみ解消」です。
調理時間の目安:15分

材料(2~4人分)

レモンまたはゆず・かぼすなど1個
鶏もも肉1枚
鰹節パック1パック
600cc
醤油・酒・塩各小さじ1

作りかた

  1. 鍋に水と鶏肉を入れて火にかける。沸騰したら弱火にし、鶏肉を煮る。
  2. 鶏肉に火が通ったらアクを取り、味噌漉しや取っ手のついたザルなどに鰹節を入れ、鍋に漬けて鰹出汁を加える。
  3. ツユに醤油、みりん、塩で味付けをする。鶏肉は食べやすい大きさに切る。茹でた蕎麦を丼に入れ、ツユを注ぎ、レモンの輪切りを飾り、お好みで一味を散らしてできあがり。

ポイント

レモンの輪切りはスライサーを使うと均等に薄く美しく切れます。

宮成先生のお料理コラム

レモンのおはなし

何かと食べる機械の多い年末年始、朝起きると顔が浮腫んでる!ってことはありませんか。血液中の塩分や糖分の濃度が上がってしまうと、体は命を守るために「喉乾いた!水飲んで!」と命令を出し血中濃度を下げようとます。その時に水分を引き付けてしまうのが浮腫みです。

浮腫まないようにするポイントは、塩分の摂りすぎに注意すること。今回は塩分控えめでも美味しく作るポイントとして、レモンの酸味と香りを活かした年越しそばにしました。見た目もきれいなのでぜひつくってくださいね。

この記事を書いた人

料理研究家 宮成なみ 先生

楽しい食卓株式会社 代表
16歳で現代の医学で治すことのできない難病を発症し、社会復帰断念を宣告される。
唯一、進行を遅らせる方法が『食餌療法』だという医師の言葉に食の可能性にかけ、7年半の闘病生活の末、見事社会復帰を果たす。
金なし、コネなし、資格なしの中、「食べものは明日の未来を創るもの。すべてはおいしいの笑顔のために」をモットーに27歳で料理研究家となる。
現在は、食品開発アドバイザーや、食育講演会、メディア出演など行っている。