ホームパーティーのおもてなしにもぴったり!きのこたっぷりキッシュ

ココロとカラダに、笑顔をプラス。

料理研究家 宮成なみ先生が綴る“かんたん”料理帖 「あしたのレシピ」。
「誰でも、いつでも、簡単に。」をコンセプトに、旬の食材や季節ごとのメンテナンスに嬉しいレシピをご紹介します。

今月のレシピテーマは「腸内環境」です。
調理時間の目安:25分

材料(2~4人分)

3つ
あらびきソーセージ3本
お好きなきのこ(しめじ、エリンギ、マッシュなど)150g
豆乳または牛乳150cc
クリームチーズまたはピザ用チーズ150g
オリーブオイル大さじ1
黒胡椒・塩少々

※簡単な覚え方=卵:きのこ:豆乳:チーズを全て同量にする
※きのこの分量の目安は、徳用パックでしめじ1袋、通常パック1袋+エリンギ2本でだいたい150gくらいになります。
※今回は彩りにピーマンを使いました。ピーマンをかぼちゃに変えて、ハロウィンのおもてなしにも◎

作りかた

  1. きのこ、ピーマンはみじん切りにする。ソーセージは5mm幅の輪切りにする。温めたフライパンにオリーブオイルをひいてソーセージ、きのこ、ピーマンを入れて炒める。塩と黒胡椒を軽く振る。
  2. しんなりしたら火を止めて荒熱がとれるまで冷ます。ボウルに卵、豆乳、チーズ、冷ましたきのこ類を入れて良く混ぜる。
  3. 耐熱容器またはグラタン皿に流しいれて200℃に温めたオーブントースターで15分焼く。表面に焦げ目がついたら黒胡椒を振り、お好みでケチャップやマスタードを添えてできあがり。

ポイント

ビザ用チーズは味が濃いので、全体の味付けは控えめでOK!

宮成先生のお料理コラム

きのこのおはなし

「食物繊維の王様」と呼ばれるきのこ。水溶性食物繊維は、腸内細菌の住処となり、便の量を増やして、保水力を高めスムーズな排泄を促してくれます。また、きのこ類は「旨味の宝庫」でもあり、1種類だけ使うのも美味しいのですが、2~3種類合わせて、「きのこミックス」にして使うことで、旨味の相乗効果が起きてより料理が美味しくなります。

食べたら出す。快適な排泄は一番のデトックスです。ホームパーティーなどおもてなし料理にもなる簡単レシピなので、ぜひ作ってみてくださいね。

この記事を書いた人

料理研究家 宮成なみ 先生

楽しい食卓株式会社 代表
16歳で現代の医学で治すことのできない難病を発症し、社会復帰断念を宣告される。
唯一、進行を遅らせる方法が『食餌療法』だという医師の言葉に食の可能性にかけ、7年半の闘病生活の末、見事社会復帰を果たす。
金なし、コネなし、資格なしの中、「食べものは明日の未来を創るもの。すべてはおいしいの笑顔のために」をモットーに27歳で料理研究家となる。
現在は、食品開発アドバイザーや、食育講演会、メディア出演など行っている。