全粒粉パンのミネラルチーズトースト いちご添え

健康的で清く正しいカラダとココロには、正しい食生活が大切。
料理研究家の徳永睦子先生考案の、女性にうれしいメニューです。

材料(4人分)

全粒粉のパン4枚
しらす干し大さじ4
プルーン4個
溶けるチーズ4枚
お好みのハーブ適量
いちごお好みで

作りかた

  1. 全粒粉パンを厚さ1センチにスライスする。
  2. しらす干しは、さっと熱湯をかけて手早く湯を切りる。プルーンは細かく刻んでおく。
  3. パンの上に、しらす干しとプルーンを散らし、その上にチーズをのせる。
  4. チーズが溶ける程度にトースターで焼く。仕上げに、彩りのハーブといちごを添える。

今回使った主な食材

全粒粉パン

未精白の全粒粉には、ホルモンの分泌を促して自律神経を整えるミネラルが豊富に含まれています。

しらす干し

しらす干しには、イライラを解消するカルシウムが豊富に含まれています。

いちご

いちごにはカルシウムの吸収を促すビタミンCが含まれていますので、一緒に摂るとよいでしょう。

更年期に嬉しいレシピ

しらす干しとプルーン、チーズという意外な組み合わせ。ですが、プルーンの甘さと、しらす干し・チーズの塩加減が不思議とマッチして、きっとやみつきになりますよ。
朝の食卓はもちろんのこと、おやつにも最適な一品ですね。

レシピに合うドリンク

今回のレシピには豆乳の抹茶オレがぴったり♪
抹茶は癒しの成分であるテアニンが豊富です。豆乳には女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンが豊富です。温めた豆乳に抹茶を溶くだけなので、忙しい毎日にも手軽に作れる、ほっこり落ち着く一杯です。

この記事を書いた人

料理研究家 徳永睦子先生

徳永先生は、『食育』をテーマに40年。九州を拠点に活躍されている福岡在住の料理研究家です。家庭料理の味の伝承、食育の観点から地産地消、地域特産品の普及にも力を注がれています。

鹿児島MBC放送で専属料理講師を務めた後、九州生協食品カタログの料理制作、監修をはじめ、KBC九州朝日放送の料理番組を担当。世界緑茶協会顧問。