納豆生姜炒飯 葉っぱ包み

健康的で清く正しいカラダとココロには、正しい食生活が大切。
料理研究家の徳永睦子先生考案の、女性にうれしいメニューです。

材料(4人分)

ごはん400g
2個
白ねぎ1/2本
生姜みじん切り大さじ2
納豆1箱
豆腐1/2丁
塩・こしょう少々
サラダ油大さじ3
青ネギ適宜
レタス適宜

作りかた

  1. 豆腐は電子レンジで1分加熱する。
    加熱した豆腐をキッチンペーパーで絞り、細かくほぐす。お皿に盛り、黒こしょうをトッピングする。
  2. 生姜、白ネギはみじん切りにしておく。
  3. 温かいご飯に卵を溶き、混ぜておく。
    納豆は付属の調味液を入れずにそのまま使う。
  4. お鍋を温め、まずは生姜、ネギ、豆腐を炒める。
    納豆を加え、塩、こしょうをして再度炒める。
    最後に③の卵ご飯を加えてよく混ぜ合わせる。
  5. 青ネギを散らす。
  6. レタスを添えて、葉包みしていただく。

今回使った主な食材

納豆

納豆の原料となっている大豆には、女性ホルモンのエストロゲンに似た作用をするイソフラボンが豊富に含まれています。
骨粗しょう症の予防や、不眠、肩こりなどにも良いとされています。

更年期に嬉しいレシピ

生姜の香りがふわっと広がり、食欲をそそりますよ。
納豆は炒めることで、独特の粘りがなくなり、炒飯がパラっと仕上がります。レタスに包んで食べるので、見た目にもオシャレな一品になりますね。

レシピに合うドリンク

今回のレシピにはクリスタルロゼ 紅富貴がぴったり♪
香り高く、ほのかな甘みのある微生物発酵茶です。 内臓脂肪を分解し中性脂肪を減らす働きがあるといわれている「没食子酸(ポリフェノールの一種)」を多く含んでいます。

この記事を書いた人

料理研究家 徳永睦子先生

徳永先生は、『食育』をテーマに40年。九州を拠点に活躍されている福岡在住の料理研究家です。家庭料理の味の伝承、食育の観点から地産地消、地域特産品の普及にも力を注がれています。

鹿児島MBC放送で専属料理講師を務めた後、九州生協食品カタログの料理制作、監修をはじめ、KBC九州朝日放送の料理番組を担当。世界緑茶協会顧問。