「マテ」でパワーチャージ!

ハーブのある暮らしで、毎日に彩りを。
ハーバリスト 岩橋たか子先生が綴る月刊コラム「ハーブの庭」。
季節のハーブのおはなしやアレンジレシピなどをご紹介。

今回は、元気をチャージする「マテ」のおはなしです。

「マテ」は日本で愛されているハーブ

自然環境が厳しい南米原産のマテは、世界三大ティーのひとつとして有名で、アルゼンチンやパラグアイ、ブラジルでは国民ティーとして愛されているハーブです。

ほうじ茶のような味わいで日本でも愛飲者が多いハーブのひとつとなっています。

私たちのカラダはエネルギーを産生するときに多くのビタミンやミネラルを使います。パワーチャージしたいときにぜひビタミンとミネラルを多く含むマテ茶をチョイスされるといいですね。

ただし、コーヒーや紅茶ほどではないですが、微量のカフェインを含むためカフェインアレルギーの方は気をつけてください。

カフェインってどんな成分?

カフェインはお薬の原料になったりするくらい、作用が強い植物化学成分です。
代謝されるのにも時間がかかるため、大量摂取は肝臓に負担をかけてしまう恐れがあります。

『マテのビタミンやミネラル分は欲しいけどカフェインは…』という方には「水出し」をお薦めします。
カフェインだけでなく、渋みのタンニンも抽出されにくいので円やかな口当たりになりますよ。

マテは、どんなことにいいの?

「飲むサラダ」というニックネームを持つマテには、カルシウムや鉄分、ビタミンB、Cなどの栄養素が豊富に含まれています。
肉食中心のブラジルやアルゼンチンではビタミンやミネラルをマテ茶でも補給しています。

もともと生活習慣改善のためにも活用されていますが、マテを使った様々な研究が世界中から報告されています。

心も体もほっこり♪マテ・ラテ

マテはミルクとの相性が良いので、心とカラダの休息や、元気をチャージしたいときにミルクティーがおすすめです。

今回ご紹介する飲み方は「コシード」と言われ、パラグアイなどで飲まれている方法です。
伝統的なコシードを少しアレンジした「マテ・ラテ」。ぜひ作ってみてくださいね。スパイス使いが、めぐりアップのサポートになりますよ。

材料

  • マテリーフ(2~3g)
  • ミルク1杯分
  • シナモンパウダー適宜

※マテにはグリーンマテとローストしたマテがあります。
どちらを使っても大丈夫ですが、グリーンマテを使う場合はお鍋で少しローストすると香ばしく美味しくなります。

作り方

  1. ミルクとマテを鍋に入れて、弱火で煮込んでいきます。
  2. 10分程じっくり煮込んで火を止める。香りがミルクに移りますよ。
  3. 茶こしなどで濾したあと、シナモンパウダーをトッピングする。

※ カルダモンやジンジャーなどお好きなスパイスでも美味しいです。「ちょっと」使いが美味しさのポイント!

この記事を書いた人

ハーバリスト 岩橋たか子 先生

一般社団法人アンフュージョン 代表理事
ひだまりハーブガーデン&スクール 代表

メディカルハーブのスペシャリストとして、ハーブの持つ植物化学成分を日常に効果的でおいしく取り入れる活動を展開。
スクールでハーブの「ティーレッスン」から資格認定講座などを開催する一方、大学や企業での栄養や健康に関するセミナーやイベントなどの講師活動も行っている。