炊飯器で簡単!根野菜の体ぽかぽかサムゲタン

ココロとカラダに、笑顔をプラス。

料理研究家 宮成なみ先生が綴る“かんたん”料理帖 「あしたのレシピ」。
「誰でも、いつでも、簡単に。」をコンセプトに、旬の食材や季節ごとのメンテナンスに嬉しいレシピをご紹介します。

今月のレシピテーマは「のど風邪予防」です。
調理時間の目安:15分

材料(2~4人分)

手羽元10本(600gくらい)
蓮根・ごぼう各1本(合わせて400gくらい)
生姜ひとかけ
800cc
小さじ1
ネギ少々
※クコの実(あれば)

作りかた

  1. 手羽元は水で洗い汚れを落として水気を切る。ごぼうは皮を包丁の背でこすって落とし、3cm幅に切る。蓮根は皮をむいて1cm幅の輪切りにする。生姜は千切りにする。
  2. 炊飯器に手羽元、蓮根、ごぼう、生姜、水、塩を入れて炊飯器する。
  3. あればクコの実を入れて皿に盛り、ネギを散らしてできあがり。

※朝、出かける前に炊飯器ボタンを押していくと、家帰ってきたら保温でトロトロ柔らかジューシーに煮込まれたスープが熱々で出来上がっています。

ポイント

鶏肉は、ぜひ、旨味が出る骨つき肉を使ってください。
炊飯器でほっからかし調理でじっくり煮込むので、鶏肉と根野菜から塩だけで味付け?と思えないくらいの旨味がでてきます!

宮成先生のお料理コラム

蓮根のおはなし

のどが痛くなると祖母はよく蓮根湯を作ってくれました。そこで今回は、のどが痛いなぁ、食欲ないなぁと思ったら我が家でつくる簡単な蓮根スープを紹介しました。

蓮根には、炎症を抑えてくれる働きがあり、痰が絡む咳を和らげてくれると言われています。寝込んだ時も炊飯器からよそっていつでも熱々を食べられるので助かっています。

この記事を書いた人

料理研究家 宮成なみ 先生

楽しい食卓株式会社 代表
16歳で現代の医学で治すことのできない難病を発症し、社会復帰断念を宣告される。
唯一、進行を遅らせる方法が『食餌療法』だという医師の言葉に食の可能性にかけ、7年半の闘病生活の末、見事社会復帰を果たす。
金なし、コネなし、資格なしの中、「食べものは明日の未来を創るもの。すべてはおいしいの笑顔のために」をモットーに27歳で料理研究家となる。
現在は、食品開発アドバイザーや、食育講演会、メディア出演など行っている。