焼き鯖と枝豆の炊き込みご飯

ココロとカラダに、笑顔をプラス。

料理研究家 宮成なみ先生が綴る“かんたん”料理帖 「あしたのレシピ」。
「誰でも、いつでも、簡単に。」をコンセプトに、旬の食材や季節ごとのメンテナンスに嬉しいレシピをご紹介します。

今月のレシピテーマは「免疫ケア」です。
調理時間の目安:20分

材料(お茶碗4膳分)

鯖(塩鯖ではなく塩なしの鯖)半身1枚
枝豆(冷凍でも良い)1/2カップ
2合
醤油大さじ2
本みりん大さじ2
300cc
生姜ひとかけ
ネギ少々
(あれば)カボスお好みで適量

※塩鯖を使う場合は醤油大さじ2→小さじ1+酒大さじ1に変更してください

作りかた

  1. 鯖は流水でさっと洗って表面の汚れやぬめりをとる。魚焼きグリルで焼き、皿またはバットの上に乗せて骨を取る。
    ※身がボロボロになっても薬味で隠れてしまうし、混ぜてほぐすので気にしなくて大丈夫です。
  2. 研いだ米に水、醤油、みりんを入れる(水加減が炊飯器の2合のメモリのところになっていればOK!)鯖、枝豆を米の上に乗せて炊飯する。※ポイントはかき混ぜないこと!
  3. 生姜は細い千切りにし、ネギは小口切りにする。炊き上がったら、生姜とネギを加えてしゃもじで切るように混ぜる。お好みでカボスを絞ってできあがり。

ポイント

鯖を焼くことと、たっぷりの生姜で、臭みを取り除きます。

宮成先生のお料理コラム

夏と免疫のおはなし

生姜に含まれるショウガオールとジンゲロールとジンゲロンという成分が体を温めると言われており、「ショウガ・ジンジャー」の語源にもなっています。
夏の陽射しが強くなり、残暑が残る秋口まで新生姜が旬を迎えて並びます。

体温があがると免疫力が上がります。夏の疲れで体力や免疫が落ちる時期。そして今からくる冬の寒さに備え始める時期。
このレシピで、新生姜を美味しくたっぷり摂ってくださいね。

この記事を書いた人

料理研究家 宮成なみ 先生

楽しい食卓株式会社 代表
16歳で現代の医学で治すことのできない難病を発症し、社会復帰断念を宣告される。
唯一、進行を遅らせる方法が『食餌療法』だという医師の言葉に食の可能性にかけ、7年半の闘病生活の末、見事社会復帰を果たす。
金なし、コネなし、資格なしの中、「食べものは明日の未来を創るもの。すべてはおいしいの笑顔のために」をモットーに27歳で料理研究家となる。
現在は、食品開発アドバイザーや、食育講演会、メディア出演など行っている。