アレンジいろいろ♪クルミと大葉のジェノベーゼソース

ココロとカラダに、笑顔をプラス。

料理研究家 宮成なみ先生が綴る“かんたん”料理帖 「あしたのレシピ」。
「誰でも、いつでも、簡単に。」をコンセプトに、旬の食材や季節ごとのメンテナンスに嬉しいレシピをご紹介します。

今月のレシピテーマは「UVケア」です。
調理時間の目安:5分

材料(作りやすい分量)

大葉2袋(20枚)
にんにく2かけ
クルミ1/2カップ(40g)
オリーブオイル200cc
粉チーズ小さじ1
小さじ1
黒胡椒少々

作りかた

  1. すべての材料をミキサーまたはミルサーに入れてかくはんし、なめらかなペースト状になったらできあがり。

おすすめアレンジ

  1. カルパッチョ
    お好みのお刺身(白身魚・タコ・ホタテがおすすめです!)に、お好みの量のソースをかけてください。
  2. パスタ
    茹でたバスタに和えるだけで、ジェノベーゼパスタになります。
  3. バゲットソース
    トーストしたバゲットに塗っても美味しいです。

宮成先生のお料理コラム

UVケアと大葉のおはなし

UVケアの基本は毎日の日焼け止めと日傘等で紫外線を避けることですが、夏の厳しい日差しにさらされた肌のケアも同じくらい必要です。

夏は肌ケアに欠かせないビタミンCやβカロチンを豊富に含む大葉やトマトが旬を迎えます。生命力の強い夏野菜を保存が利き、手軽に使えるソースにして大葉の力強い生命力を毎日の食事に取り入れてくださいね。

この記事を書いた人

料理研究家 宮成なみ 先生

楽しい食卓株式会社 代表
16歳で現代の医学で治すことのできない難病を発症し、社会復帰断念を宣告される。
唯一、進行を遅らせる方法が『食餌療法』だという医師の言葉に食の可能性にかけ、7年半の闘病生活の末、見事社会復帰を果たす。
金なし、コネなし、資格なしの中、「食べものは明日の未来を創るもの。すべてはおいしいの笑顔のために」をモットーに27歳で料理研究家となる。
現在は、食品開発アドバイザーや、食育講演会、メディア出演など行っている。