シャキシャキ食感で体力アップ!梅ピーサラダ

ココロとカラダに、笑顔をプラス。

料理研究家 宮成なみ先生が綴る“かんたん”料理帖 「あしたのレシピ」。
「誰でも、いつでも、簡単に。」をコンセプトに、旬の食材や季節ごとのメンテナンスに嬉しいレシピをご紹介します。

今月のレシピテーマは「体力アップ」です。
調理時間の目安:8分

材料(2人分)

梅肉小さじ1(梅1個分)
塩昆布1つまみ
ピーマン(緑・赤)各1個
きぬごし豆腐1/3丁
レタス・胡麻少々

作りかた

  1. ピーマンは細い千切りにし、梅肉と塩昆布を合わせてしんなりさせる。
  2. 豆腐はキッチンペーパーの上に置いて水切りする。
  3. 皿にちぎったレタスと食べやすい大きさに切った豆腐の乗せ、上に①を載せて、胡麻を振ったらできあがり。

ポイント

  • ①の部分だけを小鉢に盛って「ピーマンと昆布の梅和え」にしてもご飯の進む一品になります。
  • ピーマンをゴーヤに変えてもOK!また違った味わいが楽しめます。

宮成先生のお料理コラム

梅のおはなし

初夏から梅雨が明けるくらいまでの間、殺菌作用が強くて滋養強壮や体力増進に利くものが旬を迎えます。その代表的なものが梅。疲労回復・体力増進に利くと言われるクエン酸を多く含みます。

今回のサラダは混ぜて載せるだけ。梅の酸味と昆布の旨味でピーマンがマイルドになり、シャキシャキと食べやすくなります。

初夏にはピーマンを、夏真っ盛りになったらゴーヤに変えて、夏の間よく作る我が家の定番おかずです。

この記事を書いた人

料理研究家 宮成なみ 先生

楽しい食卓株式会社 代表
16歳で現代の医学で治すことのできない難病を発症し、社会復帰断念を宣告される。
唯一、進行を遅らせる方法が『食餌療法』だという医師の言葉に食の可能性にかけ、7年半の闘病生活の末、見事社会復帰を果たす。
金なし、コネなし、資格なしの中、「食べものは明日の未来を創るもの。すべてはおいしいの笑顔のために」をモットーに27歳で料理研究家となる。
現在は、食品開発アドバイザーや、食育講演会、メディア出演など行っている。