美肌力UP♪エッグ・コールスローサンド

ココロとカラダに、笑顔をプラス。

料理研究家 宮成なみ先生が綴る“かんたん”料理帖 「あしたのレシピ」。
「誰でも、いつでも、簡単に。」をコンセプトに、旬の食材や季節ごとのメンテナンスに嬉しいレシピをご紹介します。

今月のレシピテーマは「紫外線ケア」です。
調理時間の目安:10分

材料

コールスロー(4~6人分)
春キャベツ1/4玉(300~350g)
小さじ1/2
オリーブ油小さじ1
マスタード小さじ1
リンゴ酢小さじ1
粒コーン大さじ2
ヨーグルト(無糖・加糖どちらでもOK)大さじ2
マヨネーズ大さじ2
こしょう少々
サンドイッチ用(1人分)
バターひとかけ
1個
サンド用のパン2枚
ケチャップお好みの量
こしょうお好みの量

作りかた

  1. キャベツは太目の千切り(5mm幅)に切り、全体に塩をまぶしてからよく揉む。塩がなじんだらしばらく置く。
  2. しんなりしたら水気を絞る。水気を切ったキャベツにコールスローの残りの材料を全部入れて混ぜ合わせたらできあがり。
  3. サンドイッチを作る。バターをフライパンに溶かし、半熟のスクランブルエッグを、オムレツのように、ひとかたまりになるように焼く。
  4. サンド用のパンを焼き、②、③、ケチャップ、こしょうをはさんでできあがり。

ポイント

サンド用のパンを2枚重ねてトースターで焼くと、表面はこんがりカリッと、中はふんわりに焼き上がります。

宮成先生のお料理コラム

春キャベツのおはなし

キャベツはシミそばかすの改善に必要なビタミンB群・ビタミンC、さらに消化吸収を促進する整腸作用のあるビタミンUやキャベジン、食物繊維を豊富に含みます。

また、皮膚代謝を上げるには、良質なたんぱく質とビタミンAが欠かせません。
良質なたんぱく質の代表選手・卵とたっぷり生キャベツが摂れるコールスローを一緒に食べることで肌力改善。旬のエネルギーを取り入れて美味しく美肌対策、はじめしましょう。

この記事を書いた人

料理研究家 宮成なみ 先生

楽しい食卓株式会社 代表
16歳で現代の医学で治すことのできない難病を発症し、社会復帰断念を宣告される。
唯一、進行を遅らせる方法が『食餌療法』だという医師の言葉に食の可能性にかけ、7年半の闘病生活の末、見事社会復帰を果たす。
金なし、コネなし、資格なしの中、「食べものは明日の未来を創るもの。すべてはおいしいの笑顔のために」をモットーに27歳で料理研究家となる。
現在は、食品開発アドバイザーや、食育講演会、メディア出演など行っている。