ビタミン補給で潤いUP!カブとりんごの混ぜるだけサラダ

ココロとカラダに、笑顔をプラス。

料理研究家 宮成なみ先生が綴る“かんたん”料理帖 「あしたのレシピ」。
「誰でも、いつでも、簡単に。」をコンセプトに、旬の食材や季節ごとのメンテナンスに嬉しいレシピをご紹介します。

今月のレシピテーマは「体の乾燥」です。
調理時間の目安:10分 ※寝かせる時間を除く

材料(2人分)

かぶ小3本
りんご1個
オリーブオイル大さじ2
レモン汁(またはリンゴ酢)大さじ1
小さじ1/2
にんにくすりおろし(またはガーリックパウダー)少々
黒胡椒少々
パセリ(乾燥パセリでOK)少々

作りかた

  1. カブは皮をむき、1cm幅のくし切りにする。リンゴは8等分に切り、薄切りにする。
  2. 材料をビニール袋に入れて、空気を入れてよく振る。空気を抜いてビニール袋の口を縛り、1時間~2時間ほど置く。(調味料がなじんでしんなりしたらOK)
  3. 味見して、塩やレモン汁、にんにくパウダーなどで味を調える。皿に盛り、黒胡椒とパセリを散らしてできあがり。

ポイント

甘味が足りないときは、オレンジやミカンを少し加えると味が引き立ちますよ。

宮成先生のお料理コラム

白い野菜のおはなし

「カブ、大根、白菜、リンゴ。半分に割ったら、雪のように白い野菜は、色白美人を作るとよ。」寒い季節になると、毎日のように台所で母がそう教えてくれました。

カブを始めとする冬に旬を迎える「白い野菜」は、ビタミンCが豊富です。たんぱく質は肌や髪の原材料になるので、乾燥肌には欠かせないと言われます。

けれども、材料だけで家を建てることができないように、たんぱく質という材料だけでは、艶やかな肌を作ることができません。たんぱく質という材料を使って、「美しい肌」という「家」を建築する名大工さんが必要不可欠なのです。
その名大工さんにあたるのが、野菜・果物に含まれるビタミン・ミネラルです。

お肉(たんぱく質)を摂ったら、野菜・果物(ビタミン・ミネラル)も、しっかり摂りましょう。

この記事を書いた人

料理研究家 宮成なみ 先生

楽しい食卓株式会社 代表
16歳で現代の医学で治すことのできない難病を発症し、社会復帰断念を宣告される。
唯一、進行を遅らせる方法が『食餌療法』だという医師の言葉に食の可能性にかけ、7年半の闘病生活の末、見事社会復帰を果たす。
金なし、コネなし、資格なしの中、「食べものは明日の未来を創るもの。すべてはおいしいの笑顔のために」をモットーに27歳で料理研究家となる。
現在は、食品開発アドバイザーや、食育講演会、メディア出演など行っている。