混ぜるだけでできる ジンジャーレモネード

ジンジャーレモネード

ココロとカラダに、笑顔をプラス。

料理研究家 宮成なみ先生が綴る“かんたん”料理帖 「あしたのレシピ」。
「誰でも、いつでも、簡単に。」をコンセプトに、旬の食材や季節ごとのメンテナンスに嬉しいレシピをご紹介します。

今月のレシピテーマは「夏の疲れ肌ケア」です。
調理時間の目安:5分

材料/1人分

150cc
すり下ろし生姜小さじ1/2
クエン酸小さじ1/2
重曹小さじ1/4
レモン汁大さじ1
適量
凍らせたぶどう、または梨お好みで
※ぶどうや梨は凍らせるとシャーベットのようになります。

作りかた

  1. グラスにクエン酸、レモン汁、生姜を入れ、水を注ぐ。氷と凍らせたフルーツを入れ、重曹をそっと入れてかき混ぜるとシュワシュワしだす。好みでかぼすや柚子(あれば)を添えてできあがり。

ポイント

かぼすやゆずはくし切りにして冷凍、生姜はすりおろして冷凍しておくと料理にも使えて便利です。

宮成先生のお料理コラム

夏の疲れ肌のおはなし

夏に疲れたお肌ケア

まだまだ残暑が厳しいこの季節、髪や肌に夏の疲れが出ていませんか?
夏の間に、暑いからと冷たい麺類ばかり食べていた人は、肌の原材料のタンパク質が不足して、肌荒れや夏バテを起こしている頃かもしれません。

とはいえ、この暑さで食欲も落ちるし、胃もたれ胸焼けをしてなかなかタンパクがなかなか入らないもの。
お肉を食べて胸焼けした時や、食後に自分で作って飲んでいるノンシュガーのドリンクです。クエン酸や重曹はお菓子コーナーで買うことができます。

クエン酸の働きでタンパク質、脂質のエネルギー代謝が効率的に行われます。たっぷりのビタミンとクエン酸で夏の疲れ肌を回復しましょう。

この記事を書いた人

料理研究家 宮成なみ 先生

楽しい食卓株式会社 代表
16歳で現代の医学で治すことのできない難病を発症し、社会復帰断念を宣告される。
唯一、進行を遅らせる方法が『食餌療法』だという医師の言葉に食の可能性にかけ、7年半の闘病生活の末、見事社会復帰を果たす。
金なし、コネなし、資格なしの中、「食べものは明日の未来を創るもの。すべてはおいしいの笑顔のために」をモットーに27歳で料理研究家となる。
現在は、食品開発アドバイザーや、食育講演会、メディア出演など行っている。