「むくみ」の原因を知ってケアしましょう

アイスハーブティー

ハーブのある暮らしで、毎日に彩りを。
ハーバリスト 岩橋たか子先生が綴る月刊コラム「ハーブの庭」。
季節のハーブのおはなしやアレンジレシピなどをご紹介。

今回は、「むくみケア」に嬉しいハーブのおはなしです。

夕方は足がパンパン…

多くの女性は夕方になると足がパンパンと感じたことがあるのではないでしょうか?

一般的な「むくみ」は、皮膚の下に余分な水分や塩分、老廃物などが溜まっている状態のことをいいます。血行不良や疲れ、冷え、運動不足、塩分の過剰摂取などの様々な原因から、脚や顔がむくみやすくなってしまうといわれています。

ハーブには、むくみを早期に解消してくれる成分がたっぷり!
特にキーワードとなる「血行促進」と「利尿作用」は多くのハーブが得意とする作用です。

むくみケアに役立つハーブたち

数あるハーブの中でも、たっぷりのビタミンとミネラルを含んだハイビスカスやルイボスは水分代謝の観点からも、暑い夏に美味しく飲めるハーブになります。できれば、熱湯で淹れて常温に冷まして飲むとカラダも極端に冷やさず胃腸などの消化器系にも負担をかけません。
夏の暑さで体温が上がっている場合は、氷などで冷たくして飲んでも、ハーブはそこまでカラダを冷やさないので大丈夫です。

またハイビスカスの酸味が苦手な方ははちみつなどを加えたり、ソーダ割にしたり、100%のオレンジジュースやリンゴジュースで割って飲んだりすると爽やかにいただけます。
ルイボスの独特の甘みはハイビスカスとよく合います。この時にローズヒップなどもブレンドして飲むとさらに水分代謝もよくなります。

ルイボスの酵素成分、ハイビスカスのクエン酸、そしてローズヒップのビタミンCはこの時期に気になる紫外線対策では優等生のハーブたち。
この夏、むくみケアとともに紫外線対策でも、ハーブを使ってみませんか?

ハーバルバスで、むくみケア

むくみを外側からのアプローチで改善するには、リラックスもできるハーバルバスがお薦め。湯船に浸かってしっかりと温めたり、むくんだ足などを優しくマッサージすることが効果的です。
広がる香りと直接お肌からハーブの成分を取り入れて、血流をよくして溜まっている水分や老廃物を排泄してあげましょう。

「ハーバルバス」をやってみよう!

  • ハーブ(フレッシュまたはドライ)
  • ソルト(ミネラル塩など)
  • 精油数滴※精油使用の場合は精油(油)の乳化のために必ずソルトやアルコール類、ミルクなどを使用する。

以上をガーゼやお茶パックなどに入れて洗面器で熱湯を注いでしばらく抽出させ、そのままバスタブに流し込む。

ハーバルバス

ハーブはフレッシュでもドライ(賞味期限がきれたハーブティー)でも大丈夫。簡単にケアできるのでぜひ試してみてくださいね。

素敵なハーバルライフを。

この記事を書いた人

ハーバリスト 岩橋たか子 先生

一般社団法人アンフュージョン 代表理事
ひだまりハーブガーデン&スクール 代表

メディカルハーブのスペシャリストとして、ハーブの持つ植物化学成分を日常に効果的でおいしく取り入れる活動を展開。
スクールでハーブの「ティーレッスン」から資格認定講座などを開催する一方、大学や企業での栄養や健康に関するセミナーやイベントなどの講師活動も行っている。