インスタントのポタージュスープにひと手間|チキンのポタージュ煮

健康的で清く正しいカラダとココロには、正しい食生活が大切。
料理研究家の徳永睦子先生考案の、女性にうれしいメニューです。

材料(4人分)

チキンムネ肉400g
塩、胡椒、小麦粉適量
バター大さじ2
白ワイン大さじ2
インスタントポタージュスープ(カップスープ)2袋
ご飯2膳分
ブロッコリースプラウトお好みの量
牛乳適量

作りかた

  1. チキンは皮は除いて厚いところは切り開いて、8等分にする。塩、胡椒をする。小麦粉をまぶす。
  2. ポタージュスープは表示より少なめの牛乳で溶いておく。
  3. フライパンにバターを熱し①をこんがり色よく両面を焼く。
  4. 焼けたら、白ワインを加え、②のポタージュスープをそのまま加え煮こむ。 とろっとしてきたら出来上がり。
  5. パセリのみじん切りを混ぜたご飯を添えて盛り、ブロッコリーのスプラウトとトマトとパセリを散らす。

今回使った主な食材

鶏肉

鶏肉の主な栄養成分は、たんぱく質と脂質です。
鶏肉のたんぱく質は必須アミノ酸をバランスよく含み、肉の繊維も細いため、消化吸収率が高く、日常でも摂りやすいたんぱく源です。

からだを養うレシピ

この料理の特徴は、なんといってもインスタントポタージュスープを使っていることですね。インスタントでもひと手間加えるだけでレストランのお味に大変身しますよ♪

鶏肉は疲労回復に効く食べ物でもありますので、仕事を頑張った日の夜はこのお料理を食べて、疲れを癒してくださいね。
とっても簡単で本格的なお味の一品です。

レシピに合うドリンク

今回のレシピにはハーブティー(ミントティー)がぴったり♪
料理を食べた食事後のお口直しにハーブティーを飲むと口の中をさっぱりさせ、食べ過ぎや胃のむかつき、もたれなどを解消してくれます。
濃くいれたミントティーでうがいをすると、口臭予防にもなりますよ。

この記事を書いた人

料理研究家 徳永睦子先生

徳永先生は、『食育』をテーマに40年。九州を拠点に活躍されている福岡在住の料理研究家です。家庭料理の味の伝承、食育の観点から地産地消、地域特産品の普及にも力を注がれています。

鹿児島MBC放送で専属料理講師を務めた後、九州生協食品カタログの料理制作、監修をはじめ、KBC九州朝日放送の料理番組を担当。世界緑茶協会顧問。