お肌に嬉しいコラーゲンたっぷり|鶏手羽の黒酢はちみつ煮 ほうれん草添え

健康的で清く正しいカラダとココロには、正しい食生活が大切。
料理研究家の徳永睦子先生考案の、女性にうれしいメニューです。

材料(4人分)

鶏手羽12本
ほうれん草1束
パプリカ1/4個
にんにく4片
2カップ
黒酢1/2カップ
大さじ4
濃口醤油1/3カップ
砂糖大さじ3
はちみつ大さじ2

作りかた

  1. 鶏手羽は、一度さっと湯通しして、きれいに洗う。
  2. 大きめのお鍋に①、水、黒酢、酒、濃口醤油を入れる。にんにくを散らし、約20分煮込む。
  3. 途中で砂糖、はちみつを加え、照りを出しながら煮込む。時々、上下をひっくり返す。
  4. ほうれん草は、油を少々加えてゆでる。
    【Point】 油を加えてゆでることで、ほうれん草が色鮮やかに仕上がります。
  5. パプリカをソテーし、④と共に盛り添える。

今回使った主な食材

鶏手羽

鶏手羽は、お肌に嬉しいコラーゲンがたっぷり♪シミやたるみを予防してくれます。さらに、皮膚や粘膜を作る働きをするビタミンAも豊富に含んだ、お肌のための優等生食材です。

美肌を養うレシピ

コラーゲンたっぷりの鶏手羽。手羽先でも、手羽元でも、どちらでも美味しく仕上がりますよ!
黒酢の酸味と、はちみつの甘味の絶妙なバランスで、食も進みます。 
お酢を使ってしっかりと煮るので、骨からほどけるように身が柔らかくなりますよ。

レシピに合うドリンク

今回のレシピにははちみつ紅茶がぴったり♪
美肌に嬉しいはちみつ。お好きな紅茶に、はちみつを入れるだけ。とっても簡単で温まりますよ♪はちみつの量はお好みでどうぞ。

この記事を書いた人

料理研究家 徳永睦子先生

徳永先生は、『食育』をテーマに40年。九州を拠点に活躍されている福岡在住の料理研究家です。家庭料理の味の伝承、食育の観点から地産地消、地域特産品の普及にも力を注がれています。

鹿児島MBC放送で専属料理講師を務めた後、九州生協食品カタログの料理制作、監修をはじめ、KBC九州朝日放送の料理番組を担当。世界緑茶協会顧問。