セロリと帆立のピラフでつるっと美肌に|セロリと帆立のピラフ

健康的で清く正しいカラダとココロには、正しい食生活が大切。
料理研究家の徳永睦子先生考案の、女性にうれしいメニューです。

材料(2人分)

セロリ(茎も葉も)1本
ホタテ貝柱水煮缶1缶
ご飯2杯分
バター大さじ2
固形スープ1個
こしょう少々
トマトお好みの量

作りかた

  1. セロリは茎と葉に分け、茎は筋を除いてみじん切りにし、葉は短めの線切りにする。
  2. 鍋にバターを溶かし、セロリの茎を炒める。
  3. 温かいご飯を加えて炒め、削った固形スープ・ホタテ貝柱を加え、こしょうで味を整える。
  4. 炒めあがったら、セロリの葉を加えて混ぜる。
  5. トマトのスライスを添えて盛る。

手軽にもう1品

貝柱の残り汁は、薄めてトマトやセロリを散らしてスープにしましょう。
手軽に美味しいスープが出来ますよ♪

今回使った主な食材

セロリ

特有の芳香と歯ざわりが特徴。セロリは葉の部分に、ビタミンB1やB2が多く含まれています。その他にもβカロテン(ビタミンA)、ビタミンC、食物繊維など美肌へと導く栄養素がたくさんつまっています。

ホタテ

低脂肪で良質なたんぱく質をとれる食材です。
肌の細胞をつくりだすのに必要なたんぱく質が豊富に含まれている、美肌づくりにはかかせない食材です。

美肌を養うレシピ

今回のレシピは美肌のために効果的な食材のセロリとホタテを使いました。特にセロリは、美肌効果だけでなく、精神を安定させる効果もあるのでイライラする時期がある女性にはもってこいの食材ですね。

セロリとホタテをご飯と炒めるだけ!でもとってもおいしい評判の一品です。

レシピに合うドリンク

今回のレシピにはにんじんオレンジジュースがぴったり♪
オレンジに多く含まれるビタミンC、そしてにんじんのベータカロテンには、皮膚を健康にしてくれる働きがあるんですよ。

この記事を書いた人

料理研究家 徳永睦子先生

徳永先生は、『食育』をテーマに40年。九州を拠点に活躍されている福岡在住の料理研究家です。家庭料理の味の伝承、食育の観点から地産地消、地域特産品の普及にも力を注がれています。

鹿児島MBC放送で専属料理講師を務めた後、九州生協食品カタログの料理制作、監修をはじめ、KBC九州朝日放送の料理番組を担当。世界緑茶協会顧問。