内側からUVケア!ルイボスのフルーツハーブティー

ハーブのある暮らしで、毎日に彩りを。
ハーバリスト 岩橋たか子先生が綴る月刊コラム「ハーブの庭」。
季節のハーブのおはなしやアレンジレシピなどをご紹介。

今回は、内側からのUVケアに嬉しい「ルイボス」のおはなしです。

内側からのUVケアって?

最近では一年を通して問題視されるようになた「紫外線」。私たち人間だけでなく動物や植物にとっても一番の敵となります。
紫外線により発生される活性酸素は、私たちの肌を攻撃し、シミやシワの原因に繋がります。

実は、この活性酸素を無害なものに変えるメカニズムが、私たちに備わっているのをご存知ですか?
そのメカニズムに大きな役割を示すのが「ビタミンとミネラル」です。
野菜や果物などにももちろん含まれていますが、「抗酸化」を一番得意とするハーブは、ビタミンとミネラルも多く含有しています。

ビタミンとミネラルを多く含むハーブは、種類も豊富なのですが、今回は活性酸素に焦点をあてて「ルイボス」をお薦めいたします。
甘みがあって飲みやすく、スーパーなどで手軽に購入することができますよ。
ミネラルウォーターや麦茶と同じように、日常の水分補給で摂っていただくと、カラダも喜びます!

ルイボスは、どんなことにいいの?

ルイボスは南アフリカを原産とし、しかもそこでしか育たない「抗酸化のお茶」と呼ばれるハーブです。
紫外線が強く厳しい環境で育つため、自分のカラダを守るために作られる抗酸化成分と、地中深く根を張ることで、土壌から吸い上げるビタミンミネラルを多く含みます。

日本でもなじみが深いルイボスですが、飲み続けることで、活性酸素のダメージからカラダを守ってくれるハーブといえるでしょう。

美味しくUVケア♪フルーツハーブティー

最近では、紅茶にフルーツを合せるフルーツティーブームが再燃しています。
フルーツティーの紅茶をハーブに変えることでノンカフェインになりますし、ハーブティーに含まれるビタミンとミネラルは、フルーツとの相乗効果も!まさにビタミンのコラボレーション。

またビタミン・ミネラル以外にも、ルイボスにはUVケアを大きくサポートしてくれる成分がたっぷりです!

材料

  • ルイボスティー ※少し濃いティーにします。
  • お好みのフルーツ適宜

作り方

  1. ルーツは予めカットしておきます。大きさはお好みですが、食べやすい大きさがお薦めです。カットしたフルーツはティーポット、あるいはそのまま耐熱のグラスにいれておきます。
  2. ハーブティーを淹れます。熱湯をゆっくり注いで10分程抽出。
    ※沸きたてを使うので、やけどに気をつけます。
  3. ティーをフルーツにゆっくり注いでフルーツの香りを移すつもりで10分ほどおきます。
    ※冷たくして飲む場合は、10分蒸らした後に氷などを加えてください。

この記事を書いた人

ハーバリスト 岩橋たか子 先生

一般社団法人アンフュージョン 代表理事
ひだまりハーブガーデン&スクール 代表

メディカルハーブのスペシャリストとして、ハーブの持つ植物化学成分を日常に効果的でおいしく取り入れる活動を展開。
スクールでハーブの「ティーレッスン」から資格認定講座などを開催する一方、大学や企業での栄養や健康に関するセミナーやイベントなどの講師活動も行っている。